気象観測の概要及び方法

気象観測とは、気象現象の観測全般とされています。気象学の研究では基本的なものとなっており、地球の内外のあらゆる場所で行われているとされています。この観測の存在理由ですが、防災や公共利用等に資するものとなっており、気象予報に不可欠とされています。観測の方法ですが、機器を使用することになります。自動で気象を観測し得る装置を使うことになり、これによって降雨量や積雪量、気温及び湿度、風といったものを観測することになります。気象観測には、地上の気象を観測するもの、海洋の気象を観測するもの、それと海洋や高層気象を観測するものが在ります。人によって観測されるものの、無人の観測機で宇宙から観測をすることも可能となっています。人が観測する場合、国家資格として非常に難解で合格率が一桁台の気象予報士に合格した人が行うことになり、この資格は極めて難解であるものの取得すると非常に充実することになり、気象観測のプロフェッショナルとして活躍することができるようになります。また、中学生以下の合格者が数名いるので絶大なる人気を誇る資格として、取得者は責任を持って観測をして遣り甲斐ある仕事ができるようになります。

日本の気象観測衛星の貢献

この2,3年で、気候温暖化などの影響により日本国内でもこれまでとは異なる、前例のない気象が多く観測されるようになりました。気象は古くから人間の生活、主に農業や工業などにも大きな影響を与えるもので、決して逆らえないものですが、できる限りの予測で被害や損害を抑える努力は必要です。実はこの点で日本の気象観測衛星、通称ひまわりは三十年以上もの間、近隣諸国への観測データ提供で大きく貢献してきました。当初は2メートル四方ほどの小さなものでしたが、昨年に打ち上げられ、今年7月に運用を開始した8号は全幅6メートルの、気象観測に加え船舶・航空機の安全確保、気球環境の監視などに用途を拡大したものになり、東アジア地域に大きな貢献をしています。前世代より大幅に多くのバンドを使えるため、カラー画像の作成が可能となり、これにより黄砂や噴煙などの観測も可能となりました。

天気予報と気象観測技術の進歩

最近の気象観測の技術にはびっくりさせられます。インターネットやスマートフォンのアプリでもありますが、雨雲レーダー観測は本当に凄いの一言に尽きます。現在から60分後の雨雲の様子などをきちんと正確に状況を把握することが簡単になりました。スマートフォンのアプリなどでは10分後に自分の所在するエリアに雨雲が近づくことを教えてくれるサービスなど数年前では考えられないようなサービスまで登場しています。これれの気象観測技術の進化によって新しいビジネスも生まれています。年間の日照や雨量などを予測して農作物の生産ビジネスと提携して生産効率を高めるビジネスも生まれています。年間を通しての天気予報など一昔前は不正確でしたが、この異常気象下でも現在の技術ではかなり正確な予報を出してきます。天気予報だけでなく気象観測技術は様々なビジネスにその技術を応用して広げていっています。