買った化粧品は正しい使い方をしよう

現在使っている化粧品、使い方は絶対に自信があるという人は少ないのではないでしょうか。高い化粧品でも使い方を間違ったらせっかくの効果も出にくくなります。せっかくお金を出して化粧品を購入するのですから、正しく使って効果を出したいものです。効果が出て人からキレイになったと誉められると嬉しいものです。まずはクレンジング。オイルやクリームなど様々な種類がありますが、どれを使うにしても気をつけなければいけないのは、力加減です。

強くこするとシワの原因になってしまいますので、やさしく行います。汚れが浮きあがってきたら、丁寧に洗顔します。この時も優しく行います。そして、顔を拭くときも丁寧にです。次に、洗顔。よく泡だてて泡で顔を洗います。この時もゴシゴシせずに泡を転がすようにします。長く洗うと乾燥の原因になるので気をつけましょう。化粧水、美容液、乳液などの工程をささっと済ませる人も多いのではないでしょうか。忙しい人はとくにその傾向にあります。特に冬は乾燥しやすいので、化粧水からの工程は特に丁寧に行いたいです。化粧水は、コットンにとります。手にとる人もいますが、手に取ると、手のひらに化粧水が吸収されてしまいますので、コットンが良いです。コットンがけばだってきた場合、肌の乾燥が考えられます。そんな時は化粧水を足して乾燥しやすい箇所をコットンでローションパックすることをお勧めします。

肌がひんやりしたら化粧水が肌の中にしっかりはいった証拠です。次に、乳液。次に使うクリームの伸びを良くすることと肌の乾燥を防ぎます。たくさん出しすぎず顔全体に膜を張る程度を顔全体に塗ります。肌を引き上げる感じで塗ると、肌が引きあがりシワができにくくなります。しかし、あまり強くぐいぐいするのは逆にシワの原因になってしまうので強さに気をつけて行います。最後に、クリーム。化粧水、乳液が蒸発して乾燥してしまわないように塗ります。乳液と同じように薄く顔全体に塗ります。すべての工程で気をつけるのは、ゴシゴシしないことです。常に優しく行います。そして、化粧水などの効果をさらにあげるには、マッサージが大切です。マッサージクリームを用いて行います。マッサージをすることで肌の新陳代謝が活発になり、老廃物を排出するので顔がすっきりします。そして、化粧水の吸収もみちがえるようにぐいぐい入っていきます。肌につやも出てきます。マッサージは毎日するのは大変なので、1週間に1度できると良いです。そうすれば、化粧品の効果を実感できるようになります。